カワウソ太郎の野球日記

主に斜め上からたまに王道の目線から野球を語る

【ルール解説】カブス バエズの逆走

 

 

みなさんこんにちは!

今日は深夜にやっていたメジャーリーグ

カブス-パイレーツ

 

の試合で面白いシーンがあったので、紹介と共に解説していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【場面】

3回表 カブスの攻撃

2アウト2塁 打者バエズ選手

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、めったに見れるプレーではないですね。

結果としては

1点追加

バエズ選手は捕手エラーで出塁

 

となっています。

これからプレー自体を解説していきますが、記録が捕手エラーの理由はわかんないです 笑

 

 

捕手が一塁送球したのが、暴投とみなされているのでしょうか?

ちゃんと投げててもセーフな気がするので、よくわかんないです 笑

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、そんなことは置いといて皆さん疑問に思うであろうことは

『打者走者って逆走してもいいの?』

 

 

ってことだと思います。

 

 

 

 

結論から言うと

『条件付きでOK』

です。

 

 

 

 

 

 

 

どうゆうことかというと、

ルールにはこう明記されてます。

 

「走者が正規に塁を占有した後に塁を逆走したときに、守備を混乱させる意図、あるいは試合を愚弄する意図が明らかであった場合アウトになる」

 

 

「逆走するようなことはさしつかえないが、本塁に達するとアウトになる」

 

 

 

 

 

要は今回のプレーだと、

①にある「正規の塁」=1塁 のことなので

『1塁ベース/ホームベースに触る前なら逆走してもOK』

 

 

 

こうゆうことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのルールをわかった上で、もう一度動画を確認すると、バエズ選手は

1塁ベースもホームベースも踏んでません!

だからOKです!

 

 

 

 

 

 

特にホームベースの手前では、

明らかにベースを踏まないように避けてますよね。

 

 

 

 

たぶんルールを知ってたんだと思いますね。

こんな細かいルールはプロの選手でも知らない人はいると思いますが、ちゃんと知ってたバエズ選手のファインプレーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにファーストの選手は大チョンボです。

だって、ファーストベースを踏めばいいだけですからね。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、このプレーで本来3アウトチェンジだったのが、この1点が入っただけでなくこの後も続いてもう1点入ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな細かいプレーで負けることも十分にありますし、逆に勝てることもあるので、中高生ぐらいで野球をやってる人はぜひ一度ルールを全部読んでみてほしいです!

 

 

 

 

では!